弁慶の泣き所の場所は?なぜ痛いのか


弁慶の泣き所(読み方:べんけいのなきどころ)」という言葉があります。
  
その場所はどこかというと、
人体の脛(すね)の前側の部分で、

正式名称でいうと、「向こう脛(むこうずね)」のことです。

 ※向こうずねの場所

   (すね)と向こう脛(ずね)は、同じ部分のようですが
   本来厳密にいえば、違う場所を指すそうです。

   は、ひざの下から足首までの部分で、
   前面(ひざ側)も、ふくらはぎも含めた部分を言いますが、

   向こうずねというと、膝から足首までの部分で、
   前面(ひざ側)のみを言います。

   この場合の「向こう」というのは、
   相対する人に向かって前側、という意味で使用します。
   “相手に向かう側”のスネ、ということですね。


豪傑と知られる歴史上の人物である
武蔵坊弁慶でさえも、

ここを強打されたり、せめられたりしてしまうと
泣いてしまうほど痛いであろうということから、
  
向こうずねは、「弁慶の泣き所」と言われるようになりました。

342636
  
向こうずねは、ダメージを負いやすいという意味で
人体の急所のひとつでもあります。
  
また、文脈によっては、向こうずねに限定せず、
唯一の弱点」を意味することもあります。
  

なぜ弁慶の泣き所は痛いのか


では、なぜ

向こうずねを打つとこんなに痛いのかというと、

向こうずねの部分は、
皮膚の下に筋肉がないからです。
  
人体は、だいたいの部分が
皮膚の下には、まず筋肉があります。
  
皮膚があって、その内部に筋肉があって、
さらに内部に骨があるのです。
  
しかし、

向こうずねの部分は、
皮膚の下には筋肉がなく、すぐ骨にあたります。
  
そのため、

皮膚と骨の間を通る「神経」に
衝撃が届きやすくなってしまうのです。
  
自分の向こうずねを触ってみると、
柔らかくなく、確かに骨の形がわかるほどですね。
  

弁慶の泣き所はもうひとつある


弁慶の泣き所は、

向こうずね以外に、もうひとつあるそうです。
  
それは、

中指の第一関節から先の部分(爪側)。
  
なぜかというと、

手を開いた状態で中指の第二関節を曲げると、
第一関節から先の部分に力が入らなくなるからです。
  
それは、例え弁慶であっても、
どうにもならないことから、
「弁慶の泣き所」と言われているのだとか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加