ハンバーグに使うひき肉の種類と役割


ハンバーグに使うひき肉の種類は、一般的に、

牛肉と豚肉の合びき肉(牛肉と豚肉を混ぜてひいた肉)が
多いと思いますが、

それぞれどんな特徴・役割があり、
どのくらいの量・割合で入れれば良いのかについて調べてみました。

482583

それぞれのひき肉の役割


牛肉のひき肉と豚肉のひき肉には、
それぞれ特徴があります。

よって、

それぞれをどのくらいの割合でハンバーグに混ぜるかによって
出来具合が変わってきます。

まず、豚肉ですが、

豚肉は、脂質が多く、
ハンバーグに多く使うと、

全体的にふっくらとした、やわらかい食感になります。

子供に食べてもらうには、
豚ひき肉が多めの方が、食べやすいかもしれませんね。

栄養的には、たんぱく質、ビタミンB1が豊富で、
特に豊富に含まれるビタミンB1は、疲労回復効果もあるといわれています。

次に、牛肉ですが、

牛肉は、ハンバーグに多く使うと、
肉独特の、肉感が強い食感になります。

固さとしては、豚肉より固い感じになります。

牛肉には、貧血予防にもなる鉄分が含まれているのが、
女性にとっては嬉しいですね。

ただ、

牛肉も豚肉も、
ひいた部位によっても
固さは変わってきます。

どういうことかというと、

赤身が多い部位をひくと固めになりますが、
脂肪が多い部位をひくと、やわらかさが出てきます。


ひき肉は、多少大きさにばらつきがでますが、
自分でも作ることができます。

肉の薄切りを、包丁で細長く切ってから
向きを変えて、さらに叩くように細かく切るのです。

玉ねぎのみじん切りと同じようなイメージで良いと思いますが、
色んな部位で試してみるとおもしろそうですね。

ちなみに、

鶏肉はどうかというと、
味としては若干淡泊になりがちですが、
低カロリーでヘルシーにしあがり、
和風ソースの味にもよくあうハンバーグになります。

ハンバーグのひき肉の割合

おいしいハンバーグの合びき肉の割合は、
牛肉7:豚肉3、もしくは、
牛肉6:豚肉4であると言われているのが多かったです。

あとは、好みです。
スーパーで売られている合びき肉は、
牛肉と豚肉の割合が表示されているところは
少ないかもしれませんが、

よく通うところのひき肉については、
一度そこの従業員に聞いてみるとよいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加