光岡自動車 オロチのベース車は?


光岡自動車のオロチはベース車があるんでしょうか?

光岡自動車のホームページや、Wikipediaを調べたところ、
オロチはベース車を持たないそうです。

エンジンには、レクサス・RX330に搭載される
V6 3.3リッターエンジンを使用しているものの、
フレームは自社製のもの。

ベース車を持たないので、
オロチの製作はシャシーの骨格となるフレームを
職人の手作業でくみ上げる所からが始まりです。

もともとのオロチは、
東京モーターショーの為に制作したコンセプトカーで、

その時は、ホンダ・NSXのエンジンにオリジナルの
パイプフレームとボディをかぶせた仕様だったそうです。

その時のオロチが大反響を生み、

その後
フェラーリ・512TRを参考にした自社製シャシーを採用するなどの
2代目オロチを経て

現在のオリジナルである
量産モデルとして誕生させたのだとか。

以降、

・大蛇・零(オロチ・ゼロ)
・大蛇・兜(オロチ・カブト)
・オロチ・リッケンバッカー
・オロチ ゴールドプレミアム

など、特別仕様・特別限定車を発表しています。

これまでの国産車のデザインとは
明らかに一線を画していたオロチ、

まるで生き物のようなうねりは、
車に疎い人さえ目をうばわれるような車体です。

2012年5月24日に光岡自動車は
日産新型マーチをベース車にした3代目「Viewt」(ビュート)を
発表しました。

今回はインテリアもオリジナルデザインということで、
さらに注目を集めそうです。


↓ タカラトミーからオロチのトミカが出ているよう。
 開封動画がありましたので、紹介させて頂きます。
 (音が出ます)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加