オッズとは?(競馬)


競馬用語のひとつに、『オッズ』というものがあります。

157327

オッズとは

馬券(=勝馬投票券)が当たったときにもらえる
払戻金(配当金)の“倍率”のことをいいます。

オッズの数字が高いとその分、払戻額は多くなり、
オッズの数字が低ければ、払戻額は少なくなります。

例えば、

オッズの数字が「1.5」である場合と
「5.5」である場合を比較すると、

100円分の馬券では

オッズ「1.5」の場合の払戻金は
馬券金額100円の1.5倍なので、150円

オッズ「5.5」である場合の払戻金は
馬券金額の100円の5.5倍なので、550円となります。

オッズは、馬券の種類ごとに違います


馬券の種類には、
単勝・複勝・馬連・3連単…などがありますが、

買い方それぞれにオッズがつきます。

例えば、

単勝の場合は、1頭を当てる馬券なので

1(馬番、馬の番号)→ 4.5(オッズ)
2(馬番)→ 11.8(オッズ) …

と1頭ずつオッズが出ますが、

3連単の場合は、1~3着を順番通りに当てる馬券なので

1-2-5(馬番) → 41.5(オッズ)
1-3-6(馬番) → 83.8(オッズ) …

など3連単で買える全ての組み合わせで
単賞の場合とは別にオッズが出ます。

オッズの数値で人気の馬がわかります


オッズが高いか低いかは、
その馬券がその時点でどれくらい買われているかで決まります。

人気のある馬は、
たくさんの人が買うので
その分、配当金が少なくなり、オッズも低くなるのです。

単賞のオッズがよくテレビ中継でも紹介され、
それを配当額ではなく、人気の指標として見る方も多いと思います。

オッズの数値が低いほど人気の馬になりますが、

そのレースで

・1頭だけ飛びぬけて倍率が低い馬はいるのか、
・何頭か似たような数値の馬がひしめいていたりしないか
・オッズが10倍以内(3.8、9.5など)の馬はどれくらいいるか

などなど、
オッズの数値のばらけかたも注目したいところです。

オッズは馬券締め切りまで変動します


オッズは馬券締め切りまでその数値は変動します。

レース前日のオッズと
当日のオッズ、直前のオッズと、

数値の順位はころころ変動することもあることを
踏まえておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加