酢たまねぎの効果は?作り方は?


2013年6月19日のはなまるマーケットで
酢たまねぎの効果と作り方について特集していました。

酢たまねぎとは、今話題の常備菜で、
その健康効果で注目されています。

いくつかメモしたので紹介しましょう。

478797

酢たまねぎの効果は


酢自体には、

疲労回復効果、
殺菌・抗菌効果、
皮下脂肪の減少などのダイエット効果が期待できる他、

高血圧の人の血圧を下げたり、
食前・食間に摂ると血糖値の上昇を抑えてくれる作用が見込めるそう。

また

毎日大さじ1杯(15cc)のお酢を摂ると12週間で
内臓脂肪が5%減ったという研究結果もあったとか。
(酢単体ではなく、必ず別の食べ物と一緒にとるよう注意がありました)

酢に含まれる酢酸が脂肪の合成を抑制し、脂肪の燃焼を促進するんだそう。

酢たまねぎは、それに玉ねぎの成分が加わります。

酢とたまねぎは相性が抜群で、

たまねぎの刺激成分硫化アリル
動脈硬化の原因コレステロールの代謝を促進し、
血栓をできにくくする作用もあるとのことなので、

それぞれの成分がお互いにうまく はたらきやすいということみたいですね。

酢たまねぎは、一度作ったら、

餃子や冷奴の上にのせたり、
豚バラ肉でまいたりと、
何にでも気軽に使えるということで、

料理を作る上でも便利な常備菜となりそうです。

酢たまねぎの作り方


はなまるマーケットでは、
もう何年も酢たまねぎを作っているという
女優のとよた真帆さんのレシピが紹介されていました。

酢たまねぎ材料

・リンゴ酢 500cc ←穀物酢や黒酢でもOK
・たまねぎ 3個
・はちみつ 大さじ3
・塩 小さじ2

酢たまねぎの作り方

1)玉ねぎをスライサーなどで、5mmの厚さにスライスして水にさらす。
2)玉ねぎの水気を切って塩もみする
  (塩もみはしなくてもよいが、すると食感がシャキシャキする)
3)熱湯消毒した保存容器にリンゴ酢とはちみつを混ぜる
  (はちみつが溶けにくいので、ここでよくリンゴ酢とといておく)
4)そこに玉ねぎがひたひたになるように入れる
5)冷蔵庫で保存し、3日漬けて完成。(3日目から食べられる)

↓保存容器は、こんな感じのを使っていました。(同じものではないです)

(↑リンク先:楽天市場)

酢玉ねぎは1週間くらいかけて食べていくと、
毎日味が変わっておもしろいんだそうですよ。

酢のものは作りおきできませんが、
酢玉ねぎは作りおきできるのが良いなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加