オルフェーヴルの名前の意味は?


クラシック三冠馬オルフェーヴル、
馬名の意味は何なのか調べてみると、

フランス語で「金細工師」だそう。

金細工師は、辞書によると
金で装身具などを作る職人のこと。

“金”と聞いて、
オルフェーヴルの父であるステイゴールドの名前
連想した方は、その通りです、

オルフェーヴルの名前は

父:ステイゴールド  ゴールド=金
母:オリエンタルアートの アート=芸術

から連想した名前だと言われています。

157327

そして“金”の名前は、もっと前、

ステイゴールドの母親の名前が
ゴールデンサッシュ”というので、

そこから引き継がれているよう。

“ステイゴールド”という名前自体は
スティーヴィー・ワンダーの「Stay Gold」が
由来らしいですけどね。

 ※ステイゴールド(父サンデーサイレンス 母ゴールデンサッシュ)
  オリエンタルアート(父メジロマックイーン 母エレクトロアート)

 ※ゴールデンサッシュの
 “サッシュ”の意味はわからなかったのですが、
  英語だと
  1、窓枠・サッシ
  2、帯状の布
  なので、
  おそらく2の帯状の布、の方だと思います。

ステイゴールドといえば、

日本のG1競争で、2着・3着はあるものの、
1度も1着を獲れなかった馬でしたが、

引退レースとなった海外の香港ヴァース(G1)でついに1着となり、
有終の美を飾った馬として有名です。

  ※ラストランの鞍上は武豊騎手。

ステイゴールドの香港での現地表記名“黄金旅程”の意味とも重なった
こともドラマチックでした。


加えて

ステイゴールドの子供たち
(一例としてドリームジャーニー、ゴールドシップなど)が

次々とG1競争で1着を獲得。

見事に“黄金”の道へと繋がっている事に、
競馬の醍醐味・楽しみのひとつを
しみじみと感じる方も多いのではないでしょうか。

オルフェーヴルも
ステイゴールドの気性も少なからず引き継いでるように見えます。

↓ステイゴールドが砂浴びをする様子を映した
 動画がYouTubeにあったので、ご紹介します。


↑きっと気持ち良いんでしょうね。
(アップロード月は、2010年9月です。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加