ウルトラ蒸し生姜の作り方は?


2013年1月15日のNHKあさイチで、冷え性にきくという
ウルトラ蒸しショウガについて特集されていました。

その作り方をメモしたのでご紹介します。

478797

ウルトラ蒸しショウガの作り方


1)生のショウガを、皮をむかずに 1~2mm間隔でスライスします。

 その時、皮にある縞模様のラインと平行に輪切りするようにします。
 (あとで、ショウガの繊維をけばだたせないため)

2)ショウガの下にキッチンペーパー・クッキングシート又は蒸し布巾を引き、
 蒸し器でしょうがを蒸します。

 このとき、ショウガは、お互いに重ならないように広げます。

3)約30分間蒸します。

 蒸しあがりは、においで判断できます。
 最初は、柑橘系のさっぱりしたにおいですが、
 蒸しごろになると、芋のような甘い感じのにおいになります。
 ショウガ自体は少し黒くなっています。

4)ショウガを干してカラカラに乾燥させるとできあがりです。

 天日なら丸1日、室内なら約7日間で干します。
 乾燥させる際は、電子レンジだと
 温度が上がりすぎる事もあり、使用できないとのこと。
 
 できたウルトラ蒸しショウガは、
 密閉容器にいれて常温で約3カ月保存OKです。

摂取量としては、1日2~3gがベスト
温まるからと言って
多量に摂取すると、胸やけをおこしてしまうんだそうです。

生の生姜じゃだめなの?


なぜ、体を温めるには
生の生姜に熱を加えると良いかというと、

生の生姜は、ジンゲロールという
成分が多く含まれていることに秘密があります。

これは、体を冷やしてしまう成分
(体の深部の熱を手先足先に送ってしまうため)ですが、
このジンゲロールに熱を加えると、

ショウガオールという、
体の中心(特に内臓)から体を温めてくれる成分に変化するんです。

ウルトラ蒸しショウガのように
“生の生姜を蒸して、そのあと乾燥させる”
という手順で生姜に熱を加えることで、
ショウガオールの量を効率よく増やすことができ、

ただ乾燥させるよりも、体感としては
3~4倍温かさを感じるのだそうです。


↓やっぱり作るのはちょっと面倒‥という時はこれでしょうか。

(↑リンク先:楽天市場)

ウルトラ蒸しショウガは、
運動前などにそのまま摂取してもOKですが、

温かい紅茶に一切れ入れて飲んだり、
昆布だしの水炊き鍋にそのまま入れて食べるなどしても
温まり効果があると紹介されていました。

 ※ウルトラ蒸しショウガに
  水分を加えたまま冷やしてしまうと、
  温まり成分ショウガオールが、
  また体の深部を冷やす成分ジンゲオールに戻ってしまうので
  注意して下さい。

創作ショウガ料理を提供してくれるお店が紹介されていましたが、
どうやら神奈川県川崎市麻生区にある
祝茶房 紅拍手」という名前のお店だそう。

ここのお店にもぜひ行ってみたいです。
生姜料理のレパートリーを増やす
きっかけになれば良いなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加