高野豆腐の戻し方は?戻す時間などは?


豊富なたんぱく質でも注目されている
高野豆腐(凍り豆腐、凍み豆腐)ですが
  
水などを使って戻す必要があるのもあります。

今回は、高野豆腐の戻し方、戻す時間などについて調べてみました。

 

高野豆腐と凍み豆腐と凍り豆腐の違い

 ・高野豆腐(読み方:こうやどうふ、こうやとうふ)
 ・凍み豆腐(読み方:しみどうふ、しみとうふ)

 この2つは、現代ではほぼ同じものとして扱われますが、
 それぞれルーツが違います。
 
 高野豆腐はもともと、高野山で作ったのがはじまりで、
 凍った豆腐をお湯で溶かし、乾燥させるという製法で作られています。
 
 一方、信州・東北で作られていた凍み豆腐は、
 凍らせたものを、軒先で自然乾燥(夜は凍る)させて作ります。

 JAS規格では、高野豆腐も、凍み豆腐も合わせて

 ・凍り豆腐(読み方:こおりどうふ、こおりとうふ)

 を正式名称としています。

高野豆腐の戻し方で一番良いのは、

パッケージや製品のホームページなどに記載された、
それぞれの製品の戻し方の表示に従うことです。

というのも、

高野豆腐は、天然のものの他、
戻しやすくするために、工場で膨張剤を加えたものがあるなど、

それぞれ製法が違うからです。

だから、戻し方として、

あるものは、戻す水の温度が高い方が良くても、
あるものは、温度が高すぎると、やわらかくなりすぎたりします。

例えば、

イトーヨーカドーなどで販売している
「セブンプレミアム こうや豆腐 (8コ入)」は、
水などで戻さずにそのまま調理(煮物など)することを推奨しています。

一方、オーサワの高野豆腐は、

(↑リンク先:楽天市場)

食べ方として、

必ず熱湯に十分浸して(又は湯で煮込んで)使うように説明されていました。

やわらかくなったら、水気を軽く絞って
お好みの大きさに切り、だし汁等で煮込んでお召し上がりください

とのことです。

では、特に何も書いていないものは
どう戻したら良いでしょうか。

その他の一般的な高野豆腐の戻し方について紹介いたします。

高野豆腐の戻し方、戻し時間


これについては、
とてもわかりやすい動画がありました。

共有できるようになっていましたので、まず紹介させて頂きます。
(↓音声が出ます)



簡単に手順を説明すると、

手順1)水またはぬるま湯につける(時間:1~2分、又は5分)
手順2)ある程度柔らかくなったら水を軽くきる
手順3)きれいな水にうつしかえて、押し洗いする

ことになります。

手順1)での戻し時間としては、たいてい1~2分ですが、
伝統ある、昔ながらの製法のものは、まず1~2分戻して、
ひっくり返して3~4分(計5分程度)と、少し時間をかけた方が良いよう。

水やぬるま湯(50℃くらい)のかわりに、
熱湯を使っても良いですが、熱湯を使う方が、よりふんわり柔らかめに戻ります。
 ※手順3)で押し洗いする水は、冷水
逆に、熱湯を使うと、戻りすぎて形が崩れることもあります。

そして、

熱湯を使用した場合、
手順2)で水気を切ったり、
手順3)で押し洗いするときに、表面は若干温度が下がってても、

中からは、まだ熱いお湯が染み出てくることが多いので、
やけどには、充分な注意を払う必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加