献立に取り入れたい春の和食メニュー


「旬の食材」「季節の表現」を大事にする和食。

では、春(主に3月、4月、5月)は、どんなメニューを
献立に取り入れていけばよいのでしょうか。

春の献立に登場させたい和食メニューを調べたので
いくつか紹介致します。

542009

春の和食献立メニューについて


春は、寒さが和らぎ、木々が芽吹く華やかな季節です。

山菜、たけのこなどをはじめとした春の食材は、
独特の香りや食感が楽しめるものも多くあるので、

酢のものや和え物には、
春の訪れを告げるその素朴な味わいを活かすと良いでしょう。

卵などの黄色(菜の花をイメージ)や
山菜・野菜などの緑(芽吹きのイメージ)、
桜の塩漬けなどの桃色(花の色をイメージ)の食材を取り入れることで、

鮮やかな春の演出をすることも可能です。

食材をちょうちょや、花形にくり抜いても良さそうですね。

↓食器や箸置きで春感を出すのも◎(リンク先:楽天市場)

春の献立に取り入れた旬の食材

野菜、果物

菜の花、たけのこ、ごぼう、うど、きゃべつ、水菜、
春菊、ふき、ふきのとう、にら、そらまめ、三つ葉、
わらび、わけぎ、ゆりね、みつば、ブロッコリー、など

魚介類

あじ、かつお、きびなご、さより、しらうお、たい、
さわら、あさり、ほたるいか、かずのこ、など

春の献立メニュー事例

  

・たけのこご飯
・空豆ご飯
・鯛めし

  

・若竹汁
・はまぐりとえびのお吸い物
・鶏だんごとうどのお吸い物

主菜

 

・さわらの西京焼き
・あさりの酒蒸し
・あじの塩焼き

副菜・副々菜

・菜の花のからし和え
・ふきと厚揚げの煮物
・もやしと三つ葉の胡麻和え

 基本の和食献立(一汁三菜)
 
飯  :ごはん、炊き込みご飯など
汁  :味噌汁、お吸い物など
主菜 :焼き物、揚げ物、蒸し物、刺身、煮物など
副菜 :煮物、蒸し物、和え物など
副々菜:和え物など
 ※つけものは、基本どこにも属しません。

春の行事食一例


・ひなまつり 
  (ちらしずし、はまぐりの潮汁、ひなあられ、菱餅)
・端午の節句(ちまき、柏餅)
・花見(花見弁当、花見団子)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加