オリーブオイルの使い方は?トマトと相性は最高


イタリアンにはかかせないオリーブオイル
料理でどんな使い方があるのか調べてみました。
121524

オリーブオイルの使い方


オリーブオイルは、加熱してもしなくても
食べることができます。

そのままかける、つける

オリーブオイルは、ドレッシングのように
そのままかけて食べることができます。

例えば、

・サラダ
・冷奴(塩、又はしょうゆも少し混ぜる)
・焼き魚
・アイス
・イタリアンの汁物(仕上げにひとたらし)
・パン(つける)

などにかけて
フルーティーなオリーブオイルの香りを楽しみましょう。

オイル漬け

野菜やきのこ・チーズなどをオリーブオイルに漬けて
オイル漬けとして食べることもできます。

オリーブオイルで漬けよう!◯◯漬けレシピ集(MERYへ)

 オリーブオイルは、開封すると、時間がたつにつれて
 風味が変化していきます。
 できるだけ、小さいサイズを用意し、
 早めに使いきってしまうのが良いのだそう。

焼く、煮る、炒める、揚げる

オリーブオイルは、他の油と同様、加熱するときにも使えます。

オリーブオイルは、他の油とくらべて油っこさが少ないのが特徴で、
例えば揚げ物の揚げ油として使うと、
さくっと軽く仕上がります。

油で“煮る”というとピンとこないかもしれませんが、
アヒージョというスペイン料理は、
オリーブオイルで煮込む料理になります。

おもてなしにも♪ オシャレで簡単な【アヒージョ】をお家で作ろう(キナリノへ)

 エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイル

 オリーブの実を絞った油であるオリーブオイルには、
 エクストラバージンオリーブオイルと、ピュアオイルがあります。

 エクストラバージンオリーブオイルは、化学的処理を行わない
 オリーブオイルで、酸度が低く、風味や香りも優れているので
 サラダなど加熱しない使い方に向いていると言われています。
 (加熱すると風味などを失いやすい)

 一方、わりと手ごろな価格であるピュアオイル(工場で精製した油)は
 一般的に、加熱する料理に向いているとされています。

トマトとの相性が最高


トマトとオリーブオイルの相性が良いのは、
地中海料理でのその組み合わせの多さからもわかるでしょう。

他、味だけではなく、栄養摂取の面からも相性が良いといえます。

トマトに含まれるリコピン、βカロテンは体に良い成分だというのは、
聞いたことがあると思いますが、、

リコピン、βカロテンはどちらも脂溶性(油に溶ける)の成分であり、
油と一緒に食べることで、かなり効率よく吸収できるようになります。

・カプレーゼ
・鶏肉のカチャトーラ(トマト味の肉の煮込み)
・カポナータ
・ミネストローネ
・タリアテッレ フレッシュトマト
・トマトサラダ(オリーブオイルがけ)

などの料理は、
トマトとオリーブオイルが同時に摂取できます。

特に、トマト、パスタ、オリーブオイルの組み合わせは、
黄金のトライアングルと呼ばれる基本食材でもあるので、

ぜひ挑戦してみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加