DメールのDとは…(シュタインズゲート)


Dメールとは、
アニメ「シュタインズ・ゲート」に出てくる、
電話レンジ(仮)を使って過去へ送ることができるメールのことです。


“Dメール”という言葉が初めて出てきたのは、
第6話「蝶翼のダイバージェンス」。

その回では、
電話レンジ(仮)を使って過去へ送る事ができるメールの
名前を決めるにあたって

 ・ノスタルジアドライブ(郷愁への旅路)←岡部案
 ・時をかけるメール
 ・遡行メール(遡る:さかのぼる)
 ・バックトゥザ メール

など、色々な案が出ましたが、

 ・デロリアンメール

の案が出た所で、『Dメール』と言いやすい形に決まりました。


話の流れから、デロリアンメールのD、ということになるんだと思います。


デロリアン(De Lorean)と言えば、
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てくる
車型タイムマシンの事でしょう。

(3部作のうちの第1作 ↑ リンク先:楽天市場)


アニメの流れからだと、
その頭文字からとったとも考えられますが、

DメールのDは、他にもいくつかの意味を考察することができます。


・英単語「Dimension」のDでもある。
 (日本語で「次元」の意味)

・ABC…と並べた時に、Dは「E」の手前の文字である。 

 つまりEメールは普通に送れるが、その手前(過去)に送るからDメール。
 また、Eのあとは「F」で、FはFuture(未来)ともとることができる。

・電話レンジ(仮)メールをローマ字で表してDenwa renjiの「D」


などなど。



Dメールは、いずれにしても過去に送ることができるメールとして
ぴったりなネーミングだと思います。


時間帯(12時から18時の間)限定であることや、
送ることができる文字数に制限があるなどの特徴があるDメール‥

うーん…、原作のゲームでは、
どういう話の流れでDメールになったのか、ちょっと確認したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加