「ちはやふる」の意味は


アニメのタイトル「ちはやふる」は、
百人一首のかるたの札の歌のひとつである、

「ちはやふる かみよもきかす たつたかは からくれなゐに みつくくるとは」
(ちはやぶる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは)

から来ています。

「ちはやふる」から始まるこの歌は、

在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)がよんだもので、
意味としては、
色々解釈はあると思いますが、

「神々の時代(大昔)でも、
 こんなふうに紅葉で赤くなった美しい龍田川なんて、聞いた事もない」



情景をうたっている意味がある他、
恋に身を焦がす歌として解釈されることもあります。

“ちはやふる”は、“神”の枕詞(まくらことば=和歌などで語調を整えたりする言葉)。

「神通力のような」「勢いの強いさま」というような意味で、

「ちはやふる」のストーリーの中で
主人公の千早は、
“自分の名前がある「ちはやふる」の札が好き”と語る場面もあります。


まるで「神」のようにぐんぐん伸ばしていく千早のかるたの才能や、
かるたをどんどん好きになって、「勢いよく」ぶつかっていく千早の様をみていると、

この「ちはやふる」のタイトルがぴったりのような気もします。

(↑リンク先:楽天市場)

ただ、

原作の漫画では、
「ちはやふる」というタイトルの本当の意味が示されるのが
コミックス第11巻でした。


かるた部の大江 奏(おおえ かなで)が
「荒ぶる」ような勢いとは違う
「ちはやふる(千早振る)」の勢いの意味を、
独楽(こま)に例えられて語っています。

   参考:【送料無料】ちはやふる(11)(リンク先:楽天ブックス)


アニメでその「ちはやふる」の説明があったのが第2シーズンの第7回目。
大江 奏(かなちゃん)の台詞を耳コピで紹介しておきます。


 「いいですか、

  ちはやぶるという言葉には、色んな訓読み表記があって、
  諸説ありますが、
  私がイメージしやすいと思ったのは、“千早振る”と“荒ぶる”を
  対(つい)で考える説です。」

 「両方とも神の力をあらわしているんですが、
  “荒ぶる”が悪い神の力なら“千早振る”は正しい神の力です。
  どちらも勢いの強さをあらわすものの、その性質は全く違います。

  “荒ぶる”はバランスの悪いぐらぐらな回転だとするなら
  “千早振る”は高速回転するまっすぐな軸のコマ
  なにが触れてもはじきかえされる安定した世界で、
  まるで止まっているかのように見えながら
  前後左右上下、どこにも偏りなく力が集中している状態-‥。」


これから、千早は、本当の意味の“ちはやふる”にも近づいていくんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加