甜麺醤(テンメンジャン)の使い方は

  

甜麺醤(テンメンジャン)の使い方がわからず
何かの料理で1、2回使ったきり…

そんな人もまだまだ多いかもしれません。

  
今回は、甜麺醤(読み方:テンメンジャン)の使い道・使い方について
紹介します。

そもそも甜麺醤(テンメンジャン)とは


甜麺醤は、主に小麦粉・塩に麹を加えて発酵させた味噌です。
  
味については、

中華甘味噌”と表現されることも多く、
濃い甘さと旨味が特徴です。
  
甜麺醤という文字の

(てん)は、中国語で「甘味」の意味で、
(めん)は、「粉、小麦粉」、
(じゃん)は、「たれ(ペースト状)、味噌

という意味だということを頭に入れておけば、
原料と味はイメージしやすいのではないでしょうか。
  
使われ方としては、

北京ダックのつけだれとしても使われるように、
加熱せずとも、生でそのまま食べることができます。
  
料理では、坦々麺、回鍋肉(ホイコーロウ)、
麻婆豆腐(マーボドーフ)を作る過程でも使われることが多いです。
  
では、

甜麺醤の使い方・使い道について3つ紹介致します。

(↑リンク先:楽天市場)

使い方その1…生で

  
先ほども紹介しましたが、甜麺醤は、
北京ダックにつけるように
生の状態で、つけだれとして使うことができます。
  
蒸した鶏肉や、厚揚げなど、多少味が淡泊なものにつけて
甜麺醤の甘味とコクを楽しみましょう。
  
トーストに塗るのがおいしいという方もいますし、
チーズなど、塩気のあるものにつけると、
お互いの味がひきたっておいしいという方もいます。
  
また、にんにくなどをまぜて、オリジナルソースを楽しむ方も

テンメンジャンの万能タレ☆(cookpadへ)

使い方その2…四川料理で使う

  
甜麺醤を使った定番料理といえば、
四川(しせん)料理です。
  
四川料理である
回鍋肉(ホイコーロウ)や麻婆豆腐(マーボドーフ)、
坦々麺、青椒肉絲(チンジャオロース)などに使われます。
  

甜麺醤は、料理に使うと、目立った味はしないかもしれませんが、
発酵調味料であるという独特のコクと甘味が
料理の味を調えるので、
いれるといれないではやはり違ってきます。
  

ここでは、

回鍋肉(ホイコーロウ)と麻婆豆腐(マーボドーフ)の
レシピを紹介致します。

回鍋肉(ホイコーロウ) キューピー3分クッキング

マーボー豆腐の作り方(All About へ)
  

使い方その3…既製品にプラスする

  
本格的な料理を毎回作るのは大変だという方もいるでしょう。
  
先ほど紹介した
回鍋肉や麻婆豆腐は、
レトルト品などのインスタント品がありますが、

食べる直前に、甜麺醤をほんの少しだけ混ぜる、という食べ方もあります。
  
そんな適当な(簡単な)感じで良いの?と感じるかもしれませんが、
甜麺醤混ぜる前と混ぜたあとの味を
ぜひ比べてみて下さい。
  

混ぜた後は、より本格中華料理の味に近づいていると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加