帯広動物園は冬季営業している?


帯広動物園は、冬季も営業していると聞いて調べてみると、
確かに営業していました。



ただ、

冬季は、

・一日の営業時間は短くなっている(夏季より)
・土日祝日のみの営業(氷まつり期間は金曜日も開園)
・年末年始は休み
・体調管理のため展示時間が決まっている動物がいる
 (例えばキリン・シマウマ・ゾウ・ライオンは11:00~11:30など)
・遊具は全て運休
 
などなど、その年によって多少違うのかもしれませんが
夏季とは色々違うので注意が必要です。


例えば、

営業時間について、平成28年度の場合だと、

夏季(4月29日から11月3日)は、
9時から16時30分まで(10月1日から11月3日は16時まで)の営業ですが、

冬季(12月3日から2月26日)は、
11時から14時までという、昼の間だけの営業でした。

また、

3月は、参加者限定のイベント以外は
まるまる営業していないなど、

公式ホームページ(総合案内)、公式ブログを確認して
開園期間にも注意が必要ですね。料金の確認もできます。

    >>おびひろ動物園公式ホームページへ
    >>おびひろ動物園公式ブログへ

動物の展示時間については、公式ブログに記載されています。

2月の帯広動物園

2月のとある日に私もおびひろ動物園に行ったことがあるのですが、
雪の景色の中の動物を観察できるのは、
北海道ならではかと思います。

2月の帯広は寒い日が多いですが、多少寒い日でも、
1時間くらい外(動物園内)を歩くことを想定して
ちゃんと着込んでいけば問題ないのでは。

風が強くなく、日差しがある日であれば、よい散歩になると思います。



カバは、2016年5月に亡くなった(老衰)ということで、いませんでした。

それでも

北海道ではここでしか観られないというゾウ(2017年1月現在)や、
本来なら暑い地域(アフリカ大陸)に生息しているはずのきりんシマウマ
モルモットやうさぎがいてふれあいができるちびっこふぁーむ内や
シロフクロウを含む鳥類を観ることができました。



外気温が低い中でも大丈夫と思われる
ホッキョクグマが元気に動きまわっていたのも印象的でした。



↓アメリカバイソンの重量感のある体つきは、間近で見ると迫力があります。


↓ヨガ中?(ゴマフアザラシ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加