畳の拭き掃除で洗剤は何を使う?

普段の掃除では、水を使わない“からぶき”が鉄則である畳。
  
水を使えないのは、イグサが水分を含むことで
いたみの原因になりやすいからです。
  
でも、たまには、

洗剤などを使って、
しっかり拭き掃除したいですよね。
  
つもりつもった人の汗や皮脂は
からぶきだけじゃきっと落としにくいはずです。
  
今回は、畳の掃除で洗剤を使う場合の注意について紹介致します。

106205

アルカリ性の洗剤はNG

  
畳の拭き掃除で使う洗剤は、
基本的に住宅用洗剤でOKです。
  
畳に使用しても大丈夫な洗剤であれば、
洗剤の用途・使い方の表示に“たたみ”の文字があるはず。
  
ただ、

畳の拭き掃除を洗剤を使って行う場合に、
注意することは、

アルカリ性の洗剤を使わないことです。
  
洗剤の液性は、

・酸性
・弱酸性
・中性
・弱アルカリ性
・アルカリ性

がありますが、
アルカリ性の洗剤は、畳を黄ばませてしまいます。

  
弱アルカリ性の洗剤については、
洗剤の表示通りに薄めて使うことなどを条件に
可能とされているものもあります。(花王のマイペットなど)

 花王ホームページ Q、畳のふきそうじに使える洗剤は?のページ


その弱アルカリ性でも、
その洗剤の用途説明に“畳”となければ、
使用しない方が無難です。
  
現在使用している住宅用洗剤にも、
液性の表示があると思いますので、確認してみて下さい。
  
初めて畳に洗剤を使用する場合は、
少し使用してみて、変色しないことを確かめてから
全体に使用すると良いですね。
  

水分はなるべく少なく

畳に洗剤を使用する場合でも、なるべく
水分は、少なくすべきです。
  
洗剤の用法どおりに薄めて、
雑巾での拭き掃除をするのが一般的ですが、

洗剤液にひたした後は、必ず
雑巾を固く絞ってから使用して下さい。

水で二度拭きする場合もそうです。

固く絞ることで、畳に触れる水分を極力少なくするのです。
  
さらに、

拭き掃除をしたあと、畳の水分をなるべく早く乾かすことも考えましょう。

拭き掃除は、湿気が多い日をなるべく避け、
窓を開けて風通しをよくしたり、
扇風機を畳に向かってかけるなどして、
速く乾かすことを意識することが大事です。

畳の拭き掃除ができる洗剤

畳掃除で使用できる洗剤は、

・マイペット(花王)
・マイ 住まいの洗剤(ロケット石鹸)

などがありますが、
最近は、

・タタミの洗剤(アサヒペン)
・畳あっ!キレイ

(↑リンク先:楽天市場)

などの畳掃除専用の洗剤・シートも市販されています。
  

ちなみに、重曹系の洗剤はアルカリ性のため、使用できません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加