スーパーファミコンミニでいるもの、買い足したものは


ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンを
テレビ接続でプレイするにあたって
本体に付いてきている付属品以外に必要なもの、いるもの、
買い足したものについて紹介致します。



自分の場合、
テレビ画面については液晶テレビ(AQUOS)があったので除きますが、
それでもスーパーファミコンミニ本体以外
2つ必要でした。

それは

・電源アダプター 1個
  (本体への給電をUSBからでなく、
  コンセントから行うため)
・延長コード 1本
  (テレビ画面につないだスーファミミニと、
  コンセントの穴が遠かったため)

です。

どちらも人によっては必要のないもので、
スーファミニニ本体から届く範囲のUSB端子(パソコンなど)があれば、
本体への給電はできるので、
特に買いたさなくてもプレイできます。

ではなぜ買い足したのか簡単に説明していきます。

  >>スーパーファミコンミニの中身、セット内容は(別記事)

電源アダプター(ACアダプター)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドーUSB ACアダプター
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/11/29時点)

楽天で購入

(電源アダプター例)

スーパーファミコンミニは
ファミコン本体に電気を供給しながらプレイします。

買ったときに付属している電源供給用のコードは
先がUSB端子につないで使うようになっているので
家庭用のコンセントには直接つなげられません。

パソコンなどのUSB端子につないで給電する形になります。

それだとちょっと自分の環境では面倒だったので

そのUSB端子をコンセントにつなげられる
電源アダプターが必要でした。

こんな感じです。↓


(白い部分が電源アダプターです。)

これは購入しても良いのですが
iPhone用の充電ケーブルを持っている方であれば、
充電ケーブルの電源アダプター部分をはずして、
それを使うこともできます。上の画像も、それです。

延長コード


スーパーファミコンミニは給電しながらプレイするため、
本体の給電用ケーブルが、コンセントの穴に遠ければ
延長コードなどで線を伸ばす必要があります

本体につなぐケーブルは、コントロールをつなぐケーブル以外に2本あります(付属)。

・スーファミミニ本体とテレビ画面をつなぐケーブル(約1.5m)
・スーファミニミ本体と給電先をつなぐケーブル(約1.5m)


(参考:スーパーファミコンミニの説明書より)

家具の配置を考えて
必要であれば、延長コードを買い足す必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加