おもひでぽろぽろでタエ子が乗る電車は

ジブリ映画の『おもひでぽろぽろ』は
主人公タエ子が山形へ向かう際に
寝台列車を使用しているのが印象的でした。

その電車が実在していると聞いて調べてみたところ、
寝台特急『あけぼの』という列車でした。

タエ子が作中、その電車に乗ったのは1982年(昭和52年)ですが
実際の『あけぼの』は、
2014年に定期運行が廃止となっています。

では、そのタエ子が乗った寝台特急『あけぼの』が
どんな電車だったのか、簡単に紹介いたします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・メモリアル 寝台特急あけぼの 鉄道 DVD
価格:1730円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

寝台特急『あけぼの』のあゆみ

タエ子が乗った「あけぼの3号」は、
上野発22時24分、終点秋田は翌朝7時31分着で、
タエ子が下りた山形は、3時51分(早朝)着のものだったそうです。

<寝台特急『あけぼの』のあゆみ>

・1970年(昭和45年)7月1日 臨時寝台特急として上野 – 秋田間で運行開始
           (毎日1往復
・1970年10月1日 上野 – 青森間で定期運行開始
・1973年10月1日 上野 – 秋田間で1往復増発
・1982年夏 作中タエ子(27歳)が乗車(B寝台の車両)
・1982年11月 毎日3往復(上野 – 青森間2往復、上野 – 秋田間1往復)運行
・1988年3月13日 青函トンネル開業 ダイヤ改正時で減便(2往復に)
・1990年9月1日 山形新幹線着工により1往復分が列車名を「鳥海」に変更し
        高崎線・上越線・信越本線・羽越本線経由となる
    残る1往復分の「あけぼの」も経路を東北本線、陸羽東線および奥羽本線経由に
・1997年 秋田新幹線開業に伴って
   東北本線、陸羽東線および奥羽本線経由の「あけぼの」は廃止となり、
   「鳥海」が「鳥海」のルートで「あけぼの」に改称(1往復
・2002年1月 「ゴロンとシート」を8号車に設置
    “あけぼの・はくつるに特急指定席「ゴロンとシート」新登場!” (JR東日本HPへ)
・2002年12月 上野から青森間で唯一の直通夜汽車となる
・2014年3月15日 ダイヤ改正で「あけぼの」の定期運行終了(臨時列車化)
・2015年1月4日以降 臨時運用もなくなり事実上の廃止

ウィキペディア あけぼの(列車)へ

この年表から、
タエ子が寝台特急『あけぼの』を使用していたころは、
1往復分増発されるなどということもあり、
『あけぼの』の全盛期だったことがわかります。

当時、東京から東北への移動するには、かなりの時間がかかっていますから
日中の電車ではなく、夜行を選択する人も多かったのでしょう。
寝台車はなくてはならないものだったようですね。

『おもひでぽろぽろ』作中、
上野駅の中央改札口に列車案内版が並び、
22時を過ぎても家族連れや大きな紙袋、荷物を持った人が行き交う様子が描かれていましたが、
さすがの再現度だったようです。
(参考文献:完全保存版 アニメと鉄道 など)
27歳のタエ子にとっては「今」ですが、
2019年の今、映画を観返したら、寝台列車が第一線で活躍してた「時代」が観られて、
なんだか不思議な気持ちになるかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おもひでぽろぽろ [ 柳葉敏郎 ]
価格:4161円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

おわりに

今は新幹線の登場で、
東京から山形までは3時間ほどで行けるようになり、
東京から東北への移動も主流は寝台列車ではなくなっていますが
『あけぼの』に愛着がある方も多いらしく、

現在は、秋田県にある小坂鉄道レールパークで、
『あけぼの』で使用されていた車両を使用した「列車ホテル」が営業されています。

小坂鉄道レールパークへ

40年以上親しまれてきた寝台特急『あけぼの』は

『おもひでぽろぽろ』以外にも、
実写映画 20世紀少年や、
2005年のテレビドラマ 『逃亡者』など にも登場しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加