大三萬年堂(兵庫県たつの市)の練羊羹

「大三萬年堂(だいさんまんねんどう)」の
練羊羹をいただきました。

 

大三萬年堂とは
兵庫県たつの市龍野町にある、和菓子の老舗です。

創業は江戸時代中期で、
約360年同じ場所で営業を続けています。

大三萬年堂は
たつの市龍野町周辺がまだ、龍野藩(たつのはん)だったころ、
当時、龍野藩の藩主だった脇坂家に
砂糖菓子を献上していたという歴史もあるそう。

お店では、脇坂家の家紋をかたどった最中も販売されていました。

江戸時代の面影を残すたつの市周辺

江戸時代、龍野藩の藩庁がおかれていたた龍野城は、
城壁や本丸御殿などが復元されていて、現在見学することもできます。

特に、本丸御殿上段の間が黄金の間となっているそうなので、
観光の際はぜひ寄ってみたいところです。

「龍野城上段の間をきらめく黄金の間に再現」のページ(たつの市HP)

現在のたつの市龍野町のあたりは、
播磨の小京都と呼ばれ
龍野城の城下町だったころの面影をふんだんに残している街並みで有名です。

大三萬年堂の店構えも、まさにそんな感じでした。

大三萬年堂ホームページ(会社概要のページで見ることができます)

スポンサーリンク

グーグルマップのストリートビューなどでも覗いてみましたが、
年期の入ってそうな木造や瓦屋根の建物、白壁など、
時代劇で見たような雰囲気の街並みがみられました。
江戸時代に建てられたのがそのまま残っているものもあるそうで、この龍野伝建地区は
国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)に選定されています。

大三萬年堂の羊羹

大三萬年堂の羊羹はおいしかったです。

透きとおったきれいな色と、甘すぎない上品さを感じました。
特に、
片側の表面に砂糖のかたまりのようなものがついていて
シャリシャリした食感がたまらなかったです。
まるで表面パリパリの和製クレームブリュレ、
と言う言葉が浮かびましたが、それは伝統ある羊羹には失礼でしょうか。
包装も趣きがあって贈答用にもとても良いですね。

 
(↑撮影の技術が足りなくてすみません)

その他、龍野周辺で有名な老舗和菓子屋

大三萬年堂以外にも古くから続いている有名な和菓子屋があります。

・觜崎屋本店(はしさきや、徳川吉宗の時代の1742年創業)
 食べログのページ

・吾妻堂御菓子司(あずまどう、創業は100年以上前)
 ホームページ

・御菓子司 大黒屋丹治(創業から100年以上)
 ホームページ

などです。

清流・揖保川の恩恵を受けたたつの市は、しょうゆの産地としても有名で、
大三萬年堂を含め、どの店も醤油饅頭がありました。

食べ比べしてみたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました