レインコートの収納袋(入れ物)おすすめ3選


雨の日のお出かけでレインコートを着た後は、
それを濡れたまましまえる収納袋(入れ物)があると便利ですよね。

あまりに薄いタイプのビニール素材ケース・袋では、
かばんの中に入れておくと
水が染み出してくる心配があります。

そこで、今回は、
外出先で、濡れたレインコートを入れておくのにぴったりな
おすすめ収納袋(入れ物)・ケースを3つ紹介致します。

お手持ちのレインコートのサイズと比べながら、
ぴったりのものをぜひ見つけて下さい。

その1 レインコート吸水ケース


レディースファッションランキングで
1位を獲得したこともあるお店が作ったレインコート用収納袋です。

(↑リンク先:楽天市場)

私も折りたたみ傘のケースとして、このタイプの収納袋を持っていますが、
傘が雨にぬれた程度の水気では、
袋の外側が湿ることはありません。

内側の素材が
吸湿性、速乾性に優れるマイクロファイバーなので、
多少濡れたものなら、水気をキャッチしてくれるのです。

この商品を買った人の口コミを読んでも、
「こういうのを待っていた」という声が多くありました。

レインコート収納用に作られたこの袋のサイズが30cm×40cmなので、
他の入れ物を検討するときも、
このサイズを参考にすると良いかもしれません。

その2 防水ドライバッグ


水着など、濡れたものを入れておくために作られた
防水ドライバッグです。
収納容量の違いで、5リットル10リットルなどのサイズがあります。

(↑リンク先:楽天市場)

袋の上部をしっかり閉めて防水することができるので、
横にしても大丈夫そうなのが良いですね。

ダイビングバッグ デイリーランキングの4位
ランクインしたということもあって、

口コミを確認すると、
プールやダイビング用のバッグにしてる方が多いですが、

カッパや傘を入れて使用してる人ももちろんいました。

カラーバリエーションも豊富なので、
好きな色を選ぶこともできます。

その3 ビーチバッグ・透明バッグ(黒)


このビーチバッグは、防水生地なので、
濡れたタオルなどを入れても水漏れしません。
だから濡れたレインコートを入れておくのにもぴったりです。

(↑リンク先:楽天市場)

レインコートを入れてカバンの中に収納するというよりは、
取っ手もついているので、
サブバッグのように持ち歩くのが良さそうですね。

生地が硬すぎないので、
使用しない時(空のとき)は折りたたんで、かばんの中に入れておけるそう。

その他、人気のプールバッグやビーチバッグから
好みの柄・サイズを探すのも良いと思います。

>>プールバッグ・ビーチバッグランキング(楽天市場)へ

透明で中身が見えるタイプもあると思いますが、
こちらのタイプは、黒なので、中身も見えづらいのが良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加