とは

教養

六歌仙とは?どんな和歌を詠んだ人?

六歌仙(読み方:ろっかせん)とは、在原業平(ありわらのなりひら)僧正遍昭(そうじょうへんじょう)喜撰法師(きせんほうし)大友黒主(おおとものくろぬし)文屋康秀(ふんやのやすひで)小野小町の6人の高名な歌人(和歌や短歌を詠む人)を指します。なぜ、その6人が六歌仙としてまとめられいてるかというと、平安時代に編纂された古今和歌集の序文(仮名序と真名序)に、 その6人の歌人の名前が挙がっていたからです。
タイトルとURLをコピーしました