たい焼きといえば何処?有名店は

たい焼きと言えばこのお店!という
人生に一度は食べておきたいお店のものを探してみたところ

東京たい焼き御三家

というものがあるのがわかりました。

・浪花屋総本店(なにわやそうほんてん、麻布十番)
・柳家(やなぎや、人形町)
・名代たいやき わかば(四ツ谷)

の3店だそうです。

そもそもたい焼きの発祥は、その御三家の中のひとつである
浪花屋総本店なので、
東京都には、たい焼きの有名な老舗店舗が多いのかもしれません。

では、

ひとつひとつ簡単に、それぞれの特徴を紹介しましょう。

浪花屋総本店

浪花屋総本店について
おさえておきたいことは、先ほども書きましたが
なんといっても、この店が

たいやき発祥のお店だということ。

食べログ 浪花屋総本店のページへ

創業は1909(明治42)年、
生地の型をたい型にしたのは、“めでたい”からだったそう。

薄めの皮に自家製あんこを包んだ元祖たいやき、
ぜひ食べに行きたいです。

住所:東京都港区麻布十番1-8-14

高級鯛焼本舗 柳家(やなぎや)

1916(大正5)年創業の老舗たい焼き店です。

食べログ 柳谷のページ

一尾一尾、職人さんが火加減を見て焼いてくれているところが、
店頭でも見られるのが嬉しいですね。

たい焼きの皮は薄めで、表面がかりっとしています。

毎年産地で出来の良い小豆を選んでいるという
作りたての、あんこの味にも注目したいです。

住所:東京都中央区日本橋人形町2-11-3

名代たいやき わかば

1953(昭和28)年創業のお店です。

食べログ わかばのページ

「しっぽまであんこが入っている」というのは
たいやきの嬉しいおいしさを表す言葉のひとつですが

このお店は、社訓に
しっぽにはいつもあんこ」(略)というフレーズがあるお店です。

ひとつの金型で一匹づつ焼く一丁焼きのたい焼きのしっぽには
「わかば」と店名が入っているのも特徴のひとつです

名代たいやき わかば 公式HP

住所:東京都新宿区若葉1-10

その他 有名たい焼き店

天音(あまね、吉祥寺)

羽根付きのたい焼きで有名な

甘音の「たい菓子」(冷めても菓子のように食べて欲しいたい焼き)は、
もちっとした皮と、ぱりぱりの羽根とあんこ、
3つそれぞれの食感と、組み合わせが楽しめるのが特徴です。

食べログ 甘音のページ

「羽根も美味しいので切り落とさないでほしい
というお客さんのリクエストがあってから羽根付きを始めたそう。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9

楽天市場のランキングから

大手通販サイトの楽天市場では
どこのたい焼きが人気なのか調べてみると

楽天市場 たい焼きランキングへ

薄皮たい焼きの
こむぎ庵というお店を見つけました。

楽天市場のスイーツ・お菓子部門
和菓子部門、たい焼き部門で
ランキング1位を獲得したことがあるお店です。

創業1971年のこのお店の薄皮たい焼きは、
スタンダードの薄皮たい焼きだと小倉とカスタードがあり、

特に小倉は、手焼きでパリパリな上、
十勝産あずきを使用したあんこもたっぷり入っているということで
リピーターも多いようです。

クール冷凍便で 1個ずつ個別包装されて届くので
おうちで食べたいときに食べられるのが良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました