捨てても大丈夫だったもの6つ

ものの少ない暮らし、ミニマリストを目指しているのですが
今回は、捨てても大丈夫だったもの
6つ紹介します。

これを捨てるのは、
家族のいる今の生活では無理だろう…と思ってたものも、
代用品を見つけるなどすることで、意外と捨てても大丈夫でした。

ものを減らそうと考えている人の参考になればと思います。

炊飯器

炊飯器(炊飯ジャー)は捨てても大丈夫でした。

白いごはんを全く食べないというわけではありませんが
週に1~2合程度、と決して量が多い訳でもありません。

そこで、

吹きこぼれしにくいアルマイトの鍋を用意して
炊飯器の代わりにガスコンロで鍋炊きしてみることにしたのです。

手間がかかりすぎるかな…と思いましたが
やってみると意外と簡単でふっくら炊けました。
鍋だから丸洗いできるのも良かったです。

炊飯ジャーの代わりに、アルマイトの鍋が増えたのでは?

と、思われるかもしれませんが
これまで使用していた、主にお湯を沸かすのに使ってた
鍋の代わりに、新しいアルマイトの鍋を使用することにしたので
その鍋ともお別れする事にしました。

炊飯器、お湯用鍋 → アルマイト鍋

という事になりました。

鍋炊きに特に抵抗がなければ捨てても大丈夫だと思います。

敷き布団

これまでは、畳の上で

マットレス + 敷き布団 + タオルケットなど

で寝ていましたが、
敷き布団は抜いても普通に寝ることが出来ました。

マットレス + タオルケットなど

で寝ています。

敷き布団だと干すのも重くて大変ですが
マットレスは軽いので、干すのはわりと簡単です。
まあ、まだ洗えてはいませんが、
ちゃんと干せば今のところは、カビなどは発生してません。

床の固さが、自分に問題無ければ、敷布団は捨てても大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

長い傘

長い傘は、
ワンタッチで簡単に、開いたり閉じたりできる折り畳み傘があれば
わりと不便はありませんでした。

長い傘が、短くなるだけでもスッキリします。

雨の日に短い傘で過ごせれば
長傘は捨てても大丈夫です。

排水溝のふた

台所の排水溝の目隠し用の蓋を捨てました。

目隠しの蓋がなくなると
シンクが汚く見えるかなあと…心配してましたが
1日0~1回程度、排水溝のゴミを捨てる習慣があれば、
あまり気にならなく、大丈夫でした。

重い姿見(鏡)

床に立てかけておく、重い姿見を使っていましたが
壁や、冷蔵庫にも貼れる『ニューはるぴた』に変えました。

軽いフィルムミラーです。

平らな壁面に貼り付ければ、ゆがみも気にならず、
全身を確認する程度なら問題なく使えます。

捨てても大丈夫…というには語弊があるかもしれませんが
大きいものを小さいもの、軽いものにするだけでも
引越の時などには楽に感じるはずです。

固定電話

最近は固定電話の番号が必須の書類も少なくなったこともあり
固定電話が無くても、携帯電話があれば大丈夫だと思います。

“信用のためにも、固定電話はあった方がよい”

という家族を、なかなか説得することができないでいたのですが

最近、バスの車内アナウンスで

“詐欺電話の被害にあわないためにも
 固定電話の電話線を抜きませんか”

という内容のアナウンスが流れるようにもなりました。

だったらもう固定電話はいらないよね…

と話すと
特に詐欺電話に困ってたわけではありませんが
家族もわりとすんなり納得してくれるようになりました。
(携帯は一人一台所持してます。)

おわりに

何かを捨てる前には、本当に処分してしまう前に
代用品として使う予定のものがあれば、
それを一定期間試してから捨てるようにすることをおすすめします。

それで、無くても大丈夫!ということであれば
お別れしてもきっと大丈夫です。

すごくすっきりすると思います。

▼関連記事▼

ミニマリストは掛け布団、敷き布団はどうしてる?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました