乾電池の収納ケース(100均)は使いやすい 

電池の収納方法としては、

・何かのケースにしまう
  (ポーチ、シリコンケース、専用プラケースなど)
・引き出しに電池コーナーをつくる
  (引き出しを、ケースなどで区画して、
   種類ごとに立てて保管するなど)

などがあると思います。

いずれにしても、電極どうしがくっつかないように
注意して収納する必要がありますね。

今回は、100均で良い感じの電池収納ケースがあったので
2つ簡単に紹介します。

1つ目は、こちらです。

電池収納100均乾電池 収納

電池収納の専用ケースで

・単1が2本
・単2が2本
・単3が8本
・単4が4本

入ります。

キャンドゥで買いましたが、セリアでも似たようなのが売っていました。

それぞれの電池が、それぞれの大きさのくぼみに、ぴったりとはまるので
電極がいつのまにかくっついているような心配が無いのが良いですね。

蓋もカチっと閉まるので、
立てても横にしても倒れないので使いやすいです。

同じものをもうひとつ購入して、
どちらかが常に満タンになっているように気を付けるようにすると、
買い忘れなく、個数管理しやすいのではないでしょうか。

ただ、後ろのくぼんでるスペースが何だかちょっともったいないので、
ボタン電池を(パッケージに入れたまま)貼り付けたりしています。

スポンサーリンク

乾電池 収納方法

(↑単1乾電池より単3乾電池に厚みがない分、ケースの後ろに
 スペースができている感じです。)

2つ目はこちらです。

乾電池 100均電池 ケース

お道具箱のようなプラケースで
ワッツで購入しましたが、セリアでも同じようなのが売っているのを見ました。

電池専用ケースではありませんが、

・単1が2本
・単2が2本
・単3が4本
・単4が3本程度

がわりときれいにおさまる感じです。

蓋はカチッとは閉まらないので、
蓋が閉まらないのが気になるなら、
ゴムバンドか何かを巻いておくと良いですね。

電池どうしの仕切りは、
キッチン用品のシリコンおかずカップを使用しています。

100均 仕切り

シリコンカップも、ワッツやセリア、ダイソーなどでも見かけました。

専用ケースにしまうのが安心ですが、
少量の乾電池をしまうなら、こちらのケースもおすすめです。

 
◇関連記事◇

リビングの片付け これ捨てる?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました