ローリングストックのデメリットとは?失敗する前にチェック

家庭で、防災用食品の備蓄をするときには
ローリングストック法がおすすめの管理方法のひとつです。

では、ローリングストック法のデメリットとしては、
どんなことがあるでしょうか。

今回は、5つ挙げているので、
ローリングストックを始めようかどうか迷っている人の
参考になればと思います。

ローリングストック法のデメリット5つ

保管スペースをある程度確保する必要がある

ローリングストックをするにあたっては、
わりと目につきやすいところ、取り出しやすいところに、
同じ種類の食品をある程度の個数保管しておく必要があります。
(普段から消費するので、手に取りやすいところに置く人が多いはず。)

なので、ある程度の食料保管スペースが必要です。

備蓄用は、押し入れの見えないところにしまっておきたい人にとっては、
この点はデメリットになりやすいでしょう。

対処アイディア

最初は、100円均一などの安いボックス(積み重ねられるプレンティボックスなど)や
ダンボールなどで、仮の保管スペースを作ってやってみても良いのではないでしょうか。

やってみて、いけると思ったら良い棚などを探して、
思い切ったパントリースペースを作っても良いと思います。

賞味期限が古いものを探して取り出すのが面倒

『特別な時だけではなく普段から消費する → 新しいものを都度買い足す』というのが、
ローリングストック法の基本です。

新しいものを買い足して収納するときに、
古いものとごちゃまぜになってしまっては、
消費する際にいちいち賞味期限の古いものを探さなければなりません。

取り出しにくい収納にしてしまうと、
在庫の多さがデメリットになり、失敗しやすくなります。

対処アイディア

食品はなるべく同じ種類のものを一列に並べ、
『新しく買ったものは、一番後ろに入れる』
『使う時は、前から取り出す』と簡単なルールを決めると管理しやすいです。

ローリングストックデメリット

棚の奥に、簡単に足すことができるように、
引き出しのような棚、入れ物にすると便利です。
 

スポンサーリンク

嫌いなもの、食べ慣れないものだと普段から消費しにくい

ローリングストックする食品は、定期的に消費しながらストックすることになります。
(賞味期限によって週1~月1など)

まずいもの、口にあわないものだと、普段あまり食べたくないですよね。

レトルト食品や缶詰食品など、災害時には役立つ食品が
苦手な方にとってはデメリットになりえるかと思います。

対処アイディア

食べてみて、苦手なものは、次に買わず、
味やメーカーを変えるなどして他のものを買うようにしましょう。
逆に考えれば、
災害時に食べるものを普段から少しずつ吟味できるのは良いことだと思います。
火も電気も使える普段は、アレンジレシピにも挑戦してみるのも手です。

生鮮食品より若干値が張るものも多い

ローリングストックは、慣れれば、どんな食品でも実施可能ですが、
基本は、災害時に重宝する

・レトルト
・缶詰
・栄養補助食品(カロリーメイトなど)

をストックしようと思うでしょう。
普段食するには、自炊した方が、安上がりになる場合もあります。

対処法アイディア

これらは、スーパーで買うより、ドラッグストアや
ネットのお店で買う方が安いものもあります。
普段から安いお店をチェックしておくと良いでしょう。

持ち出し用を別に管理するか考える必要がある

ローリングストックで備蓄する食品は、
持ち出し用、脱出用の緊急防災グッズとは、別に保管することが多いです。

持ち出し用(避難用)食糧は、家にある食糧を選んで持ち出すよりは、
あらかじめバッグに入れておいて、
何も考えずにそのまま持ち出せた方が良いかなと思います。
(家屋倒壊の危険などからの一刻を争う避難にも使うため)

持ち出し用の防災グッズは、
1年に一度点検するようにして別の管理をするか
もしくは、
買い足したら、まず持ち出し用にバッグに入っているものと入れ替えるなどの
工夫が必要かと思います。

とはいえ、
在宅避難のときのために、
持ち出し用以外にある程度の食料を家に備蓄する必要があります。
ローリングストックをうまく取り入れるのはとてもおすすめです。
 

おわりに

ローリングストックのメリットとしては、

・ストック品の賞味期限を切らしづらい
・ある程度の食品在庫がわかっている、目にみえるので安心感がある
・簡単に調理できるので、普段の食事作りがちょっと楽になる

などがあります。

人によって合う合わないはあると思いますが、
ちょっとしたコツで、デメリット・失敗は克服できることもあるので、

まずは、1商品から、ぜひ挑戦してみてください

▼関連記事▼

ローリングストックの収納はどこに?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました