アマデウスのあらすじは?意味は

アニメやドラマの作品解説などで
「アマデウス」という作品が引き合いに出されることが多いので、
その意味や作品のあらすじについて調べました。


「アマデウス」というタイトルの作品で有名なのは

1984年の映画「アマデウス」
(1985年のアカデミー賞で8部門受賞)や
上演450回を超える松本幸四郎さん主演の日本の舞台「アマデウス」です。

そしてそのどちらも、大元(原作)は
イギリスの劇作家ピーター・シーファーによって書かれた
舞台のための戯曲「アマデウス」(初演:1979年)でした。

アマデウスの言葉の意味


アマデウスという言葉自体は、
もともと男の人の名前に付けるもので

“神に愛される”とか“神が愛す”という意味を持つそうです。

作品「アマデウス」のタイトルも、ある特定の人の名前からきています。

それは

音楽家のモーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、
ドイツ語ではWolfgang Amadeus Mozart)です。

そして、作品「アマデウス」の作中には、
タイトルの由来となったモーツァルトの他に

アントニオ・サリエリ(宮廷作曲家)という重要な人物が登場します。


今回は、映画「アマデウス」を観賞する機会もあったので、
映画「アマデウス」のあらすじや名シーンなどを紹介します。

(↑リンク先:楽天市場)

アマデウス(映画)のあらすじ


アントニオ・サリエリ
運ばれた精神病院で自らの罪を神父に語り始める。

それは、宮廷作曲家だったサリエリが
若き天才音楽家モーツァルトと出会ったことで、心を激しく乱した果てに
モーツァルトを殺してしまったという話だった。

サリエリは、神に愛されたかのようなモーツァルトの音楽の才能に対して
自身が心酔していることを認めながらも
心の中では激しく嫉妬していたのだ。

映画本編は、サリエリが当時を回想していくことで話が進む。

モーツァルトの音楽活動を秘密裏に邪魔立てしていたことも語るサリエリ。

社会的にも精神的にも追い詰められ、
ついには呪われたように死んでいったモーツァルトの様子を
サリエリは全て神父に告白した。

映画の有名なシーン


映画アマデウスはファンも多くそれぞれ好きなシーンや
印象に残っている場面やとらえ方は違うと思いますが
ここでは5つ紹介します。(ネタバレ注意。)

皇帝の前でサリエリの曲を無邪気にアレンジ

モーツァルトは、一度聴いただけのサリエリの曲を
皇帝の目の前で演奏して見せた上、
さらにその曲をアレンジして見せます。

モーツァルトの才能と、礼儀をわきまえない態度が際立つ場面です。

モーツァルトが書いた楽譜をサリエリが目にしたシーン

オリジナルの楽譜(頭の中で作った曲を初めて音符として起こした楽譜)には
普通、考え直したり書き直したりと推敲の筆跡が見られます。

しかしサリエリが見たそのモーツァルトのオリジナルの楽譜にはどこにも
書き直しがありませんでした。

曲は楽譜に書く前から完成していて
まるで神の声の響きをそのまま書き写したかのよう。

モーツァルトの書いた曲の美しさとその整然とした楽譜の様子に
サリエリが感動しつつも自分の才について打ち砕かれる名シーンです。

ドン・ジョバンニの上演

モーツァルトは、自身のオペラ「ドン・ジョバンニ」を上演します。

そのオペラでは、
“モーツァルトの亡き父を舞台上で蘇らせ、モーツァルト自身を責め立てているのだ”
と理解したサリエリは
モーツァルトに対する復讐への道筋を思い付きます。
モーツァルトの行く末と、サリエリの狂気などがオペラと重なる圧巻のシーンです。

モーツァルトの指示するレクイエムを必死に写譜するサリエリ

モーツァルトは死の間際、
レクイエムという曲を完成させようとします。

モーツァルトがベッドで音符の進行を指示しサリエリが楽譜に書き写す‥

モーツァルトはサリエリを信頼し
サリエリは必死にモーツァルトの意図を読み取ろうとするその光景は

サリエリも決して凡庸などではないことを感じさせ、
また、神の響きを直接聞くような作曲に立ち会えていることで
しがらみを捨てて音楽に没頭できるサリエリの喜びさえ見てとれるような
映画のクライマックスです。

私は凡庸なるものの王(頂点に立つ、チャンピオン)だ 
守護者だ
凡庸なる者達よ 私はお前の罪を許そう

運ばれた精神病院での
サリエリの終盤のセリフです。

サリエリは実在した?


アントニオ・サリエリという人物は実在したのでしょうか。

調べると確かに実在していました。

  アントニオ・サリエリ(1750~1825年)


ただ、この作品「アマデウス」における
サリエリの行動とモーツァルトの死などに関しては
フィクションで事実を織り交ぜた創作なのだそうです。

ウィキペディアにも
実際にモーツァルトと対立した様子や噂はあったものの
盗作や殺害については、全く実証されていないのだとありました。

ただ、
ピーター・シーファーの作品「アマデウス」で
アントニオ・サリエリという人物の知名度が上がったことは
事実だそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加