青じその保存方法は?


2013年6月11日のあさイチは
青じそ(大葉)に関する特集でした。

その中で、

青じその保存方法についてなるほど、と思ってメモしたので
いくつかご紹介したいと思います。

買ってそのまま冷蔵庫に入れておくと
2~3日でしなびさせてしまうんですが、

これらの方法を使い分けると、
簡単に使い切れそうだなと思いました。

478797

冷蔵庫で保存する方法(1週間ほどもたせる)


1)青じそ(大葉)が立てて入る大きさくらいの
 口の広い空きビンに少しを入れる。

2)青じその柄(茎)の部分を少しだけ切る。

3)柄(茎)の部分がにすこしつかるように
 青じそを柄を下にして、立てて瓶に入れる。

4)空気に触れないようにビンのをする。

5)冷蔵庫で保存

写真としては、こんなイメージです。↓
青しそ フレッシュ保存法!(COOK PADへ)

この冷蔵保存方法だと、しなびることなく
色もきれいなまま保てるようです。

青じそふりかけにして保存(常温で1カ月)


1)青しそを盆ザルざるなどにのせ、
 日光の当たらない風通しの良いところで
 陰干しし、乾燥させる。

2)ポリ袋に乾燥した青しそを入れて手で砕く

3)を少々加えて混ぜる

4)瓶などに入れて保存する

青じそふりかけは、そのままごはんにかけたり
天ぷらの衣にいれたり、
お湯を注いで、青じそ茶にしてもおいしいそうです。

盆ざる一例↑リンク先:楽天市場)

冷凍保存する


使用するときは、
ふつうに解凍すると黒っぽくなってしまうので、

冷凍したまま手で青しそを粉々にして、
これもふりかけのようにして使うと良いのだとか。

そうめんやトマトにかけて食べるとおいしいそうです。

青じそは殺菌作用のほか、
ルテオリンという成分が含まれているとのこと。

ルテオリンは、強い抗酸化作用があるので
がんなどの生活習慣病の予防に良いと説明されていました。

これらの保存方法を上手く使って、
上手にふだんの料理に取り入れたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加