献立に登場させたい秋の和食メニュー


「旬の食材」「季節の表現」を大事にする和食。

では、

秋(主に9月、10月、11月)は、どんなメニューを
献立に取り入れていけばよいのでしょうか。

秋の献立に登場させたい和食メニューを調べたので
いくつか紹介致します。

どんぐり&紅葉銀杏7

秋の和食メニューについて


秋は、夏と比べて涼しくなり、過ごしやすい日も多いでしょう。
献立でも、冷菜をメインとしたメニューは減り、
温かいものが増えてくるはずです。

そして、栽培方法の進化により、年中食べられる主なキノコも
天然物の場合の旬は、秋。
根菜類の多くも旬を迎えるこの“実りの秋”を楽しみたいですね。

また、

夏の終わりから秋、冬にかけて
黄柚子、すだち、だいだいなどの柑橘類が旬を迎えるものがあります。

柑橘類のしぼり汁は、
“お酢”として、酢のものに使うのも良いのだとか。

ふだん使っているお酢よりも、
柑橘類の酸味はおだやかで香りが良いのが特徴のようです。

他、紅葉や月見をイメージした色のものや、
葉や満月の形にくりぬいた野菜などをそえることで、
秋らしさを演出してみるのもおすすめです。

器や箸置きも秋のよそおいにすののも◎↓(リンク先:楽天市場)

献立に取り入れたい旬の食材

野菜、果物

さつまいも、さといも、しめじ、じゃがいも、りんご、なめこ、
にんじん、まつたけ、かぼす、栗、すだち、だいだい、柚子、
えのき、えりんぎ、かぶ、かぼちゃ、ぎんなん、新米など

魚介類

いわし、かつお、さけ、さば、さんま、しらす、たちうお、
にしん、はたはた、はも、戻りかつおなど

春の献立メニュー事例

  

・栗ごはん
・鮭ときのこの炊き込みご飯
・新米のごはん

  

・なめこの赤だし
・さつま汁
・松茸のお吸物

主菜

 

・さんまの塩焼き
・秋鮭のホイル焼き
・鰹(かつお)のたたき

副菜・副々菜

・里芋の煮っ転がし
・なすの揚げびたし
・かぼちゃのそぼろ煮

 基本の和食献立(一汁三菜)
 
 飯  :ごはん、炊き込みご飯など
 汁  :味噌汁、お吸い物など
 主菜 :焼き物、揚げ物、蒸し物、刺身、煮物など
 副菜 :煮物、蒸し物、和え物など
 副々菜:和え物など
 ※つけものは、基本どこにも属しません。

行事食


・お月見(月見団子)
・秋の彼岸(おはぎ)
・重陽の節句(菊酒、栗ごはん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加