教養

人とのつながりに関することわざ(引越し・嘘・話し合いなど)

ことわざというのは、日常で語り継がれてきた短い言葉です。人々の生活の中から生まれ『よくあること』『そういうものだ』としてときに教訓的に、ときに風刺めいた言葉として身近に使われてきました。全く正反対のことを言っていることわざもありますが、それぞれに一理あるのも特徴ですね。
ミニマリズム

思い出の品を捨てるときに後悔しないようにするコツとは

家の片付け、整理整頓を進めていく上で、 必ずと言っていいほど、直面するものが、 思い出の品をどうするかです。 普段は使わないけど、ふとしたときに 色々思いださせてくれるものは、時に勇気や励ましをくれます。 そんな思い出の品を捨てるのは後悔しないのかというと、することがあると思います。だから私も最初はひとつも捨てられませんでした。でも、収納できる場所には、限界があるのも事実。思い出の品も、なんとか、処分・整理整頓したいんだけど…と思っているなら、参考になるかもしれません。
料理の疑問

年中行事の食べ物は(由来など)

子供の日には、柏餅、ハロウィンにはかぼちゃなどなど年中行事には、それぞれに合う食べ物があります。行事食ともいいますね。なぜ、その年中行事には、その食べ物なのか?を知るとちょっと用意してみようかな、という気になると思います。そんな、年中行事と食べ物についてまとめました。
教養

六歌仙とは?どんな和歌を詠んだ人?

六歌仙(読み方:ろっかせん)とは、在原業平(ありわらのなりひら)僧正遍昭(そうじょうへんじょう)喜撰法師(きせんほうし)大友黒主(おおとものくろぬし)文屋康秀(ふんやのやすひで)小野小町の6人の高名な歌人(和歌や短歌を詠む人)を指します。なぜ、その6人が六歌仙としてまとめられいてるかというと、平安時代に編纂された古今和歌集の序文(仮名序と真名序)に、 その6人の歌人の名前が挙がっていたからです。
ミニマリズム

ミニマリストは掛け布団、敷き布団はどうしてる?

自分の布団について、どれくらい手放して生活できるのだろうか、と考えてみました。多くのものを所持して管理するのが苦手な自分としては、できるだけ掛け布団、敷き布団の枚数を抑えて収納スペースを少なくするとともに、どれも家で気軽に洗濯したい、というのが理想です。 というのが望みです。 ミニマリストの中でも、寝具については、 『ただ捨てるだけ』ではなく、
料理の疑問

生野菜サラダの味付けにバリエーションはある?

同じ具材の生野菜サラダでも、味付けを変えるだけで、 まったく違う一皿になります。 今回は、生野菜を使ったサラダのいろいろな味付けを紹介しています。色んなサラダの種類を知っていれば、献立のバリエーションを増やしやすいですよね。
ミニマリズム

バスタオルはいらない、けど捨てられない

私は、お風呂上りにバスタオルを使いません。 フェイスタオルサイズ1枚で、 髪から体から全部拭くことができるからです。 5年くらい前までは、 普通にバスタオルを使用していたのですが、 なるべく、モノを持たない生活をし...
料理の疑問

はちみつの使い道は?かけるだけじゃない使い方

ホットケーキなどにかかっていると、とても美味しそうに見えるはちみつですが、ただかけるだけ、ではなく、調理料として使用して効果を発揮することもあります。使い道が少なくて、もし余らせているとしたらもったいない…今回は、そんなはちみつの使い道について紹介いたします。
教養

物理学の歴史的な発見と年表(簡単)

自然界で起こるさまざまな現象から法則を見出し説明しようとする物理学。力学、電磁気学、量子力学、統計力学、熱力学などの分野がありますが、その中で、歴史的発見だったといわれる法則や理論について3つ選んだので紹介いたします。
ミニマリズム

リビングの片付け これ捨てる?捨てない?

片付けは、まず不要なものを捨てることから始めるとスムーズです。 家中のものを、一気に行うのは大変なので、 今回は、リビングを片付けるにあたって、 ひとつひとつ、必要なのかどうかを、物別に考えてみたいと思います。 リビ...
タイトルとURLをコピーしました