献立に取り入れたい夏の和食メニュー


「旬の食材」「季節の表現」を大事にする和食。

では、夏(主に6月、7月、8月)は、どんなメニューを
献立に取り入れていけばよいのでしょうか。

夏の献立に登場させたい和食メニューを調べたので、
いくつか紹介致します。

0-25

夏の和食献立メニューについて


夏は、じめじめした梅雨があり、そのあとは
厳しい日差しも照りつける季節です。

酸味を活かした、さっぱりするものが
美味しいと感じることが多いでしょう。

献立では、

・暑くても箸のすすみやすい冷製のもの
・体温を下げてくれる夏野菜
・精のつくうなぎ
・夏バテに効くという梅やねばねばの食材

など、夏バテ対策にもなるメニューも取り入れたいところ。

デザートとして、おなかにも良い葛きりを使うなど、
涼感を感じるメニューで、うまくのりきりたいですね。

↓食器に夏らしさを加えるのも◎(リンク先:楽天市場)

冬の献立に取り入れたい旬の食材

野菜、果物

きゅうり、いんげん、枝豆、おくら、しそ、なす、
とうがん、とうもろこし、トマト、モロヘイヤ、
ゴーヤ、桃、みょうが、梅など

魚介類

あじ、いさき、あゆ、いわし、かじきまぐろ、
あおりいか、するめいか、くるまえび、まだこなど

夏の献立メニュー事例

  

・ゴーヤと豚肉の明太子うどん
・梅ごはん
・枝豆ご飯

 

・オクラの吸い物
・なすの冷やし汁
・とうがんのしょうが汁 

主菜

 

・あじのたたき
・いさきの梅しょうゆ焼き
・牛肉の冷しゃぶ

副菜・副々菜

・みょうがの甘酢漬け
・オクラのぽんず和え
・茹でとうもろこし

 基本の和食献立(一汁三菜)
 
飯  :ごはん、炊き込みご飯など
汁  :味噌汁、お吸い物など
主菜 :焼き物、揚げ物、蒸し物、刺身、煮物など
副菜 :煮物、蒸し物、和え物など
副々菜:和え物など
 ※つけものは、基本どこにも属しません。

行事食一例


・七夕 (五色そうめん、星の形の野菜など)
・お盆(精進料理)
・土用の丑の日(うなぎの蒲焼)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加