アンチョビとは?生臭いけどどうやって使う?

  

アンチョビとは、イタリアの保存食品です。
  
カタクチイワシ(魚)の内臓・頭を取り除いて
塩漬けにし、発酵させたもので、

味の特徴は、強い塩気と、旨味。
  
市販品としては、

・缶詰タイプ
・オイル漬けを瓶詰めしたタイプ
・ペーストにしてチューブに詰めたタイプ
・塩漬け
・ソースタイプ

など、

さまざまな形態で売られています。

メーカーによって、スパイスが加えられたものなどもあり、
味は違ってきますが、
  
どの形態でも、料理に加えると
塩気だけではなく、味に深みを与えてくれるはたらきをしてくれます。
  
・カタクチイワシの形をなるべく崩さずに使用したい時は、缶詰タイプ
・料理の隠し味に使いたい時は、ペーストやソースタイプ
・手軽に保存したい場合は、チューブタイプを使う

など、

その時によって使い分けると良いですね。

YouTubeに、アンチョビのレシピを紹介した動画がありましたので、
紹介させていただきます。(音が出ます)↓

  

アンチョビは生臭くて苦手?

アンチョビの塩気は嫌いじゃないが、
少々生臭いのが苦手…という方がいます。
  
もし、


アンチョビの生臭さが苦手だというなら、
火を通して使うようにすればわりと大丈夫。
  
火を通せば、それだけ臭みが消えるので、
火を入れる料理の、できるだけ最初の段階でアンチョビを加えるようにして、
火が通るようにすると、生臭みは少なくなります。
  
逆に、その匂いが好きな人は、
火を止めたあとなど、料理の最後の方に加えると良いでしょう。

  

アンチョビの使い方で人気なのは

  
アンチョビの使い方としては、

・ピザのトッピング
・パスタソース
・温野菜などのドレッシングに
・炒め物に
・パンにのせる
・料理の隠し味に

などが人気です。
  
火を通しても通さなくても使えるものがほとんどですが、、
注意したいのが、
アンチョビを使う量です。

アンチョビ自体はとても塩辛いので、
大量に使いすぎないようにするのが重要です。

アンチョビを使った分、
塩の分量を減らすなどして、注意しておいて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加